<奥能登>乗り合い遊漁船〈SeaKappa〉

奥能登穴水港の乗合い遊漁船です。 ライトタックルで船からのティップラン・タイラバ・インチク・テンヤなど、季節に応じてお手軽に楽しめます。

ボート

中間検査

今日は 船の中間検査でした。
P1070981

事前に造船所の親方が親切に助言してくれて スムーズに終わりました。

ただ 膨張式救命胴衣も点検整備を怠らないようにとご指導をいただき、
帰宅して 早速手入れしました。
P1070983
手動レバーの動きに合わせて中のピンが上下するかどうか確認。
(ピンが飛び出たままだとCO2カートリッジに孔が空いてもガスが出ません)

CO2カートリッジも錆びていたので
ジンクスプレー(亜鉛粉末入り)で塗装。
P1070986

カートリッジ先端とネジ部にシリコングリスを塗って。
P1070990

きっちりセットして終了。
P1070991
船にシリコングリスを常備することにしました。
SeaKappaにご乗船頂いたお客様へのサービスとしてご利用下さい。
いざと云う時に使えない救命胴衣では意味がありませんからね。


新作タコベリグ
P1070994

ディープ攻めジグヘッドも自作。
P1070980
釣れたらブログアップします。



それから それから
遠藤関 十両優勝おめでとう!
立派な四股名を頂いて綱を目指して下さい!
大銀杏も横綱の化粧回しも似合うことでしょう!








いろいろ考えるところが・・・

いろいろ考えるところがありまして、
船の係留場所をマリーナから右対岸の方に移動しました。
(消防署前の橋を渡らずに、橋の手前・川沿いを右折直進です)

それで、エンジンの内部洗浄とバッテリー充電の新たな対策が必要になり
細々としたことをやっていました。

エンジン内部洗浄は水中ポンプと洗浄機アダプターを連結して対応でき、
60リットルの真水を通せるようにしました。

バッテリー充電は<12V発電~24V充電>という魔法のような器械をセット。
P1070911
メインバッテリーが満充電になったら余剰電力を利用して
12Vバッテリー2個直列に片方づつ交互に充電するという賢い器械。
ヤマハの150HP船外機は発電能力が高いので充分対応できます。

器械は部品の動くところが見えるので分かりやすいですが
電気配線は電気の流れが見えないので苦手&不安でした。
付属の説明書と図面も少し違う所もあって・・・・・。


なんとか無事作動してくれました。
P1070917
エンジン稼働中で満充電の際26.8Vまで上がります。

これでエレキ航行も不安なくできます。


充電システム&エンジン内部洗浄の確認で何度か沖に出た釣果です。
P1070903
P1070906
P1070907
根魚の活性は上がってきているようです。

真鯛はラインブレイクばかりでまだ顔を見ていません。

21日は水面水温が17度超えしていてデミ潮の不安も出てきましたね。


それから インチクシステムを完成させました。
P1070900
《ハワイアンスナップ》を利用して本体とタコべイト部を切り離すことで
収納もコンパクトになりカラーの組み合わせも自由になりました。


申し訳ございませんが家の改築・その他で多忙になり、
基本的に7月中旬までは土日祭日のみ出船とさせていただきます。
時間があれば偵察釣行にも出る予定です。





高圧洗浄機は凄いです!

せっかくのGWにもかかわらず、出船していません。

知り合いの船長さん達から頂いた情報で
水温がいま少し低い、カマイルカの群れがいる。
・・・で、かなり遠出していると云うことです。

ライトタックルで手軽に楽しむにはもう少し時間がかかりそうです。


そんな訳で 係留ロープのメンテをしました。
P1070879
見事に! ロープに着いた汚れが綺麗に落ちます!

犬の散歩で横を通りかかったご婦人が
『これが高圧洗浄機って云うんですか?』
『すごいですね!』・・と驚いていました。
P1070877
タワシで手洗いしていたのでは大変です。
網目に水圧も加わり ロープ本来のクッション性も回復したようです。


船を安全に繋いでおく大切なお役目に感謝です。



水温がもう少し上昇したら偵察出船の予定です。





”シブキよけ”テスト航行

今日は天気が良くて、少々風が強め。
もってこいのテスト日和となりました。

結果は上々。
しっかりシブキよけの効果ありで 耐風も問題なしでした。

セットに少し手間取るので ”ちゃっちゃ”とできるように もうひと工夫。


ところで 今日の発見!
お昼 カップヌードルを食べるのに”ジェットボイル”でお湯を沸かしたのですが
なんと”ジェットボイル”のキャップが カップヌードルの蓋にピッタリ!
P1050679
ここまで計算して設計されたかのようです。



湾内では 最初のポイントで微かな生体反応はあるものの 正体不明のまま。
あとは イルカと某パトロール艇に遭遇しただけで 魚の反応はありませんでした。



そろそろ 沖に出てゆきたいですね。






”シブキ”よけ

昨年は 強い南~西風のなかを帰港中にシブキを被られた方が数名いらっしゃって
何とか対策を・・・と ずっと考えていたのですが、
「タープを張ることで何とかなりそうかな?」という結論になり 今日セットしてみました。

P1050698

後方から
P1050699

明日 もう少し調整して タープを張った状態で航行してみる予定です。







livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ