<奥能登>乗り合い遊漁船〈SeaKappa〉

奥能登穴水港の乗合い遊漁船です。 ライトタックルで船からのティップラン・タイラバ・インチク・テンヤなど、季節に応じてお手軽に楽しめます。

タックル

8月27日 買っちまった・・です。

予約していたものが 今日届きました。

<SALTIGA  BJ 100LP-RM>
P1020995
P1020996
MADE IN JAPAN

日本の技術力はやはり凄いです!

歯車の製作技術は海外では無理でしょう。

箱から出してハンドルを回した瞬間に・・・

「えっ! ギアが付いていないんじゃねぇーの?」・・・と思うくらい。

つまり、歯車のかみ合う抵抗が今までのリールとは次元が違う位に滑らかです。

ギア比の4.9・・というのも私と縁がある=誕生日が4月9日。


そして、ラインも思い切って
P1020997

以前に、試してみようと<モアザン>を買ってみて、
音鳴りしないスムーズさにこれまたビックリポン・・だったのです。



あとは釣るだけ・・ですけど???




5月7日 鯛ラバ関連新製品

なかなか鯛ラバ釣果が上向かないですねぇ・・・。

いずれ釣果も上がってくると思います、
今のうちにシッカリ準備しておきましょう。
P1020673


今年の船長一押しパーツは 、Cultiva チェンジストッパー
P1020674

 使い方もいろいろできて、船長は3個使い。
 P1020677

P1020678
ネクタイの固定部保護に1個使用します(ネクタイの一番細い部分なので)。
そしてネクタイとスカートを別々セットにしておけばネクタイ交換時に、
スカートがずれる心配もありません。

 
あと・・鯛ラバフックが3連、4連と増える傾向ですがシングルでは? にチャレンジ。
    (ネクタイの動きを最重要視して)

それから・・今年もSeaKappa大鯛ダービー をやります(昨年と内容変更で検討中)







 

9月6日 テスト

船の整備をしたついでに ちょこっと沖に行って来ました。

修理したロッドのテストを兼ねて アオリの様子見を。
P1020167
 
入ったポイントでのサイズは10~12・3cmといったところ、
ミクロスと同じ胴長のもヒットしてきます。 
「K-upになるまで頑張って!」・・とリリースして来ました。


修理したロッドは、《ジャストエース SCF 501 ML》フルソリッド自作品。
 一昨年チップを破損してそのままにしていたものに《形状記憶合金テーパーチタンチップ》を装着。

鯛ラバで使っている《SCF 501M》も テーパーチタンチップを装着して感度を実感していたので
予想通りの高感度でした。


聞いた話ですが、先端部が金属製のロッドはダイワ社の特許らしく 他社では販売できないそうですね。
もし、お持ちのTRロッドでチップが破損しているのがあったら テーパーチタンを試してみて下さい。



今年も大勢の方にご予約頂きまして ありがとうございます。
シーズン終盤まで皆で楽しめるよう、また天候と釣果に恵まれますよう お祈りしましょう。





 

7月28日 ブルーライト門前

門前鹿磯港の彦左衛門丸船長から電話。
『ブルーライト取付けたので アカイカ釣りに行きませんか』 ・・「おぉ~ 連れてってくれぇ~」と即答。

日没後に転倒点灯すると、色合いは艶かしく ・・・
イカよりも 胸元えぐれたロングドレスのお姉さんがカクテルグラスを持って出てきそうな雰囲気。
P1020046
 
集イカ効果はあるようで 大きいのから小さいのまで連続ヒットや二連も。
P1020047

私は餌巻きジグで通しました(鳥のささ身塩漬け・・味シオ使用) 
P1020048
 はじめ緑色ロッドを使っていたのですがアタリが取り辛く感じたので
鯛ラバでも使っている テーパーチタンチップ改造のフルソリッドに代えたところ
アタリが取れ始め 触腕一本のお触りタッチや抜けアタリを何度も痛快に。

一段柔らかいブランクで作ったティップランで使っている方もチップが折れているので
テーパーチタンに改造決定です。



釣果は6時間弱で大きめレジ袋二つありました。


彦左衛門丸船長ありがとうございました、また誘って下さい。

これから寝ます。



 

7月24日 鱈ラバ

以前にインチクで鱈を釣ったことがあり、鯛ラバでもいけるのでは?・・と思っていたので試して来ました。

水平線が一直線の超ベタ凪です。
P1020043

最初の流しで小さいのがヒット!  ラッキー!
P1020044

その後、色々試しながら数回流しましたが アタラズ。

そのうち底取りも出来ない状態になったので帰って来ました。

色々分かった事もあり、タックルを組み直してから再挑戦です。





 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ