船の整備をしたついでに ちょこっと沖に行って来ました。

修理したロッドのテストを兼ねて アオリの様子見を。
P1020167
 
入ったポイントでのサイズは10~12・3cmといったところ、
ミクロスと同じ胴長のもヒットしてきます。 
「K-upになるまで頑張って!」・・とリリースして来ました。


修理したロッドは、《ジャストエース SCF 501 ML》フルソリッド自作品。
 一昨年チップを破損してそのままにしていたものに《形状記憶合金テーパーチタンチップ》を装着。

鯛ラバで使っている《SCF 501M》も テーパーチタンチップを装着して感度を実感していたので
予想通りの高感度でした。


聞いた話ですが、先端部が金属製のロッドはダイワ社の特許らしく 他社では販売できないそうですね。
もし、お持ちのTRロッドでチップが破損しているのがあったら テーパーチタンを試してみて下さい。



今年も大勢の方にご予約頂きまして ありがとうございます。
シーズン終盤まで皆で楽しめるよう、また天候と釣果に恵まれますよう お祈りしましょう。