今年はインチクを極めてみようと思って
お正月から堀コタツに入りながら小細工をしていました。
P1080716

能登が発祥と云われており、
各社からいろんなタイプがプロデュースされているのですが
自分なりにもう少し使い勝手の良いものにできないかと・・・・・。

インチクって 収納も結構面倒です。
P1080718
P1080717
百均で入手した小型容器を細工、使用後はこのまま水洗いできます。
・・・がっ、 取っ手を付けるのを考えなかったので、
持つ時に針が手に刺さってしまいました。


そして29日朝、凪&天気良し で久しぶりに沖に出てみようと。
しかし 朝は寒い。

最近 自分の前世はガラパゴスのウミイグワナではないかと思っています。
太陽が昇って日光をいっぱい浴びて体温が十分に上昇しないと行動できない。

・・・・・ということで相当陽が高くなってからの出港。
風は無いのですが 船速を上げるとサ・ブ・イです。


湾口で朝マズメ狙いの数船がもう帰ってきます。


あちこち移動しながら魚探の反応を見て
インチクを投入していきますが
・・・・・アタリが来ません。

魚探に青物の群れらしき反応が出て
”早巻き”をためしても全くアタリ無し。


時間的に日中ということもあって
厳しいのは当然ですが・・・・・。


近くの船もあまり芳しくない雰囲気で。


ようやくチビキジをゲットして帰ってきました。
P1080723
インチク本体:ダイワ<パイレーツⅡ MB 100g>
タコベイト:YAMASHITA<LPオーロラ3号>
フック:金龍<別太アジ12号>


釣果はダメダメでしたが収穫は多かったし、
気持ちの良い洋上でした。


春は一歩一歩近づいているようですが、
まだまだサ・ブ・イです。

また堀コタツに入って小細工に励みます。