朝一勝負で修行してきました。

マリーナに着くと釣り太郎ご夫妻も、お互いに「早いですね」とご挨拶。

準備を終え日の出前の暗いうちに出船、湾口あたりでよやく薄明るく。


インチクで深場のポイントを探ってみるが根魚類の反応はなし、
そのうち中層でコツコツアタリが何度かあるのだがご挨拶だけ。

タイカブラTGのタコベイトチューンに代えて底から巻き上げると
いきなり『グゥイ~ン』と引き込まれる。

時々ドラッグも引っ張り出す力強さで、明らかに根魚と違う
水面までやり取りを堪能して上がってきたのは”赤いヤツ”(最近巷では”アガイの”と言うらしい)。

P1040749

P1040753


このあと根魚狙いでポイントを何箇所か廻ってみるが反応なし。

途中のトップゲームでラインブレイク1回、チェイスだけ2回。


帰港後先に帰っていた釣り太郎ご夫妻の釣果を聞きに行くと
私のより大きなマダイをゲットされていました。
マダイとの力強いやりとりはライトタックルの醍醐味ですね。


アオリイカシーズンもすぐそこまで来ていますね。
ご予約&お問い合わせもポツポツであり難い事です。

”釣行日程”の調整と”意中エギ”の確保はお早めに!!



こちらもヨロシク、  初心者大歓迎ですよ
ジャパンカラマリクラシック in NOTO
http://ameblo.jp/egiz/entry-10980227365.html