<奥能登>乗り合い遊漁船〈SeaKappa〉

奥能登穴水港の乗合い遊漁船です。 ライトタックルで船からのティップラン・タイラバ・インチク・テンヤなど、季節に応じてお手軽に楽しめます。

2014年05月

5月30日 単独出船 ナナマルGET !

今週末~来週いっぱい 用事が沢山重なっていて釣行募集もできません。

水温情報ではかなり不安定な状況でした
hikaku10M-temp
(石川県水産総合センター)

・・・が、沖で やってみたいこと、確認したいことがいくつかあったので出船しました。
DSC00157

大口でちょうど湾口の定置網が網揚げの最中。

朝一は深場の根魚ポイント探索でデコダイ(レンコダイ)。
DSC00159
焼き物が美味しいです。

キジハタは小さめでした。
DSC00163
こいつの味噌汁は絶品です。


真鯛のふかせポイントでは漁探にたくさんの魚影は写るのですが・・・・・。
潮も動かず・・・。
DSC00164


別の場所の真鯛を求めて移動。






しかぁ~し・・・・・ヒットしたのは青い奴でした。
DSC00165
DSC00166
今の青い奴は脂が抜けているので干物にして焼いて食べます。


釣れてくれる真鯛はどこだぁ~。




一時は諦めて帰ろうかと思ったのですが、粘った甲斐がありました!
DSC00167
雄のナナマルです。
(フックが外から刺さっています・・・上のレンコダイもそうですし過去に青い奴も)。
DSC00168
たっぷりの白子が入っていました。
白子は焼いて、レバーや胃袋などの真鯛ホルモンは煮付けで美味しく食べました。
あとは切り身にして味噌漬け&冷凍保存


今日の活躍者!
DSC00171
アシスト工房職人タイカブラTGシリーズのヘッドを流用。
こちらは60g、根魚&青い奴は80gを使いました。

ヘッドの凹んだ穴にタコベイトの頭がすっぽり入って固定されるので
テーリングし難く、思いっきりキャストして広範囲を探れます。

タングステン素材は高価で原料の80%が某共産国に支配・統制されているため
今後の調達は困難が予想されるとのこと、在庫がなくなったら the End. だそうです。



おチビさんたち。
DSC00172






今日も 釣れてくれたお魚さんたちに感謝です!






5月23日 R浜田殿の完全ふかせ

浜田殿 予定より約1時間遅れで港到着。
「どっかで カツ丼食べてきたん?」
『うん そんなとこやね』・・・・・

で、出港は午後1時を回ってしまっています。

ポイント到着。
『ここホントに釣れるん?』
「周りに船もおおるし、真鯛のポイントはここやっちゃ」
『ほんなら準備すっちゃ』

1セットのセッティングを終えて
『はい これ船長の』・・と手渡される。
『ラインを15mほどは手で繰り出して、あとは勝手に出ていくから』
『コマセを時々入れてやって』
・・・と簡単なレクチャー。

「う~ん 今日は違うこといろいろ試したかったんになぁ~」
『そんなことゆわんと 二人で釣るがっ』

そしてもう1セットを準備完了して
『さぁ~ 釣るぞぉ』

するとすぐに
『はしったぁ~』
『船長 ラインからまっからすぐ巻いてっ』
「・・・・・」
『タモ用意してっ』
「・・・・・」
DSC00139
で上がってきたのは食べごろサイズの綺麗な真鯛。
DSC00140
そこから4投連続でヒットです!
一番大きいのは72cmの大鯛。
DSC00141
DSC00143
DSC00145
『たのしぃ~っ!』
DSC00144


私の方はといいますと・・・
この釣りのリズムに乗れません。

まず付け餌がへたくそで
あのちっちゃなオキアミを針に刺すのが綺麗にできません。
オキアミがグシャッてしまいます。

それからコマセを入れるときカモメがそばにいて横取りしようとします。
付け餌も狙ってくるのでかもめを釣りそうになります。
もたもたしているとラインがバックラします。

それでもなんとか40cm位のを2匹と
本日最小!
DSC00146

浜田殿の釣果は6匹。
DSC00147



夕方になり、周りに船もいなくなって帰港。
慣れない釣りで疲れました。


大鯛は来ていますよぉ~っ!







釣行募集

明23日 かのRoson浜田殿ご乗船!
P1080076_s
(昨年の写真です)


以前から
『船長さぁ~、真鯛釣れるようになったらおしえてよぉ~』 
『完全ふかせやりたいんやぁ』 
・・・と言われていたので
数日前に「釣れはじめたみたいだよぉ~」 ・・・と連絡すると
『金曜日に 行くっちゃ』   
「何時に来れるの?」 
『9時におにぎり、弁当の発注するからそれから出発するっちゃ』 

『船長も 一緒にやろっちゃ』 
「いやぁ~ オキアミは手が臭くなるから・・・・・」 
『船長のくせに何ゆっとんがけぇ~』 
「他にやりたいことがあるしぃ~・・・・・」 
『そんなことゆわんとさぁ~』 
「でもぉ~・・・・・」 

どうなるかわかりませんが・・・・・


平成二十六年 浜田劇場の開演です! 
ご期待ください。


◇5月24日(土)  真鯛・根魚・青物狙い
 12:00出港~18:00帰港
 お一人¥8,000-
 お電話ください  090-2372-1863

  お待ちしています。




  

5月18日 様子見出船Ⅱ

残雪の立山連峰が綺麗な清々しい日でした。(出港は日の出前でしたけれど)
DSC00136

朝一ヒットはキジハタ君。
DSC00120
ロッドブランクは<ジャストエースSCF501ML>
リールはダイワZILLION(以前チューニングしてブログアップしたヤツ)
リールシートは今年の新商品<Fuji パーミングサポート>・・・結構具合がいいです。
これにタングステンヘッド80gにタコベイトのリグ。



ラインに汚れが付くようになってきました。
DSC00124



狙いは真鯛!

魚探のサイズ表示、泳層から大型真鯛がいると思われるのですが・・・・・。
青いヤツが先にアタックしてきます。
そして結果はこういうことになります。
DSC00129

途中 風が少し強くなって船の流れが速めになり
120~150、170grのインチクを使わざるを得なくなって・・・
コイツのファイトも最後まで頑張るので、・・・疲れました。
DSC00135


釣果です。
DSC00137



釣れてくれた お魚さんたちに感謝です。




5月15日 様子見出船

潮廻りのタイミングが余り良くないように思えたので躊躇っていたのですが・・・・・。

連休は4日間連続でお弔いの手伝いだったし・・・・・。

少しは良くなったのかなぁ~・・・と出てみました。
DSC00111
朝マヅメは過ぎています。


先に出港していた僚船に様子を聞くと
『じぇ~ん じぇん ダメっす』。


確かに漁探には何も写りません。
DSC00112


本命は真鯛! 対抗は根魚。


しか~し。
たまに当たってくるのはの青いヤツ・・・・・。
まぁ ファイトは楽しいですがね。



今日一番のファイトはコイツ!
DSC00115
DSC00117
フクラギとガンドの境界サイズ。
70mから水面までしっかりファイトしてくれました。


その他今日の釣果は
フクラギが4匹、チビキジが1匹でした。


今日の活躍者。
DSC00118

フックは金龍<アジ別太12号>(自分でヒネリを加えてあります)
この針はいろんな意味で好きになりました。

自作派の方はお試しあれ。



帰宅すると家内が
『今日は生臭いのばっかりだぁ~』

???????


ファイトを楽しませてくれた魚さんたちに感謝です。







livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ