<奥能登>乗り合い遊漁船〈SeaKappa〉

奥能登穴水港の乗合い遊漁船です。 ライトタックルで船からのティップラン・タイラバ・インチク・テンヤなど、季節に応じてお手軽に楽しめます。

2012年08月

最近の私のお気に入りタイラバ

今年 入手して以来 ズーッと使っているタイラバです。
P1060084
桜舞 TG〔オウブ〕・・・(以下 メーカーさんとは何も関係はございませんが)
タングステン製で 引き重りがなく、余計な波動もあまりないので
私には使いやすく気に入って使い続けています。
ネクタイ、フックとも別々に交換可能で 自分でチューニングを楽しむのにも向いていると思います。

ネクタイ部には”ティンセル”を腰ミノ風に巻き。
P1060110
両面テープがセットされていますので好きな幅にカットして簡単に付けられます。

フックは”伊勢尼 ヒネリ 11号、13号”に交換。
P1060088
(”カン付”です・・・購入時ヒネリはこのタイプしかなかったので)
”ヒネリ”に替えてからはフッキング率がアップしているように感じます・・・・・今のところ。

糸は
P1060111
ガリス・シーハンター(アシストフックなどにも使われています)8号。


ネクタイ交換、フック交換が簡単にできるタイラバですと
色々試してみることも出来ますので 楽しみが増えますよね。







初タイラバで 初キジ&初真鯛 GET!

今月2日に東京から一本のお電話が・・

「東京の井上と言います」
「父が穴水に住んでいて、夏休みでそちらに行くので5日に二人で釣りをしたい」とのこと。
それから、東京では 管釣りのニジマス釣り と船でアジ釣りをされているとか。


「そっち(能登)ではキジハタが釣れるんですよね、餌は何を使うんですか?」とお聞きになるので
タイラバ、インチクかジグで釣りますと お返事すると、

「えっ、餌使わないんですか?」
「タイラバって聞いたことあるけど、インチクって何ですか?」
「新宿の上州屋に行って買ってきます」・・ということで
使うタイラバの重さと リーダーも必要ですから・・とお伝えしたところ。

「えっ、リーダーも?」


とにかく 5日釣行することに。



そして当日、井上さんとお連れの石岡さんがお見えになり、
「新宿の上州屋の店員さんはキジハタを釣ったこと無いと言っていました」と・・・、
それでも色々薦められてタイラバを5個ほどお持ちになって。

”色の種類より重さの種類が多い方が良いです”とお伝えしておけば良かった・・と反省。


静かな湾内を出港してポイントに到着・・・湾外も無風に近い静けさ。

「PEとリーダーの結び方 判りません」ということで、
急いでトリプル8ノットで結束・・・(今日1日持ってくれることを祈って)


いよいよ お二人の初タイラバ釣りです。
釣り方デモの意味で投じた私のタイラバに 小ウッカリ君がヒット。

お二人に俄然やる気が出てきた様子。
実はお父様から「そんなモンで魚がつれる訳が無い、エビ持ってゆけ」と
”オキアミLLサイズ”を渡されたそうで・・・。



そして とうとう井上さんに初キジがヒット!
P1060135
40cmにあと少しのグッドサイズ!

「へぇ~ッ、こんなんで釣れるんだ!」と興奮気味。


続いて 石岡さんにウッカリカサゴ!
P1060136
タイラバで釣れたことに感激!


ポイントを代えて、石岡さんに初キジ。
P1060137
「この釣りは簡単で面白いですね!」・・と。


井上さんにまたしてもキジハタ!
P1060138

次も・・・
P1060139


アタリが少し遠のき、周りに船も増えてきたので大きくポイントチェンジ。

・・・が 音沙汰無し。



そこで 真鯛の可能性もある深場ポイントにトライ。

1投目で石岡さんにヒット!
P1060140
「まさか 真鯛が釣れるとは思っていませんでした」と大興奮!!


このあと お二人に数回 強烈な引き(ドラグ鳴らしも)ながらフックアウトがあって・・・
強い日差しの中 頑張っていただきましたが時間が来てストップフィッシング。


「明日はゴルフに行くんです」・・・と能登満喫計画。



また お気が向いたら釣りにおいで下さい。












gpv
プロフィール

seakappa

  • ライブドアブログ