<奥能登>乗り合い遊漁船〈SeaKappa〉

奥能登穴水港の乗合い遊漁船です。 ライトタックルで船からのティップラン・タイラバ・インチク・テンヤなど、季節に応じてお手軽に楽しめます。

2010年11月

ノリ君と二人で試釣

P1020784
Nstyleノリ君と時化後の様子見に

湾外はまだウネリが残って 潮の色もイマイチ。


P1020785
最初のポイント53.8mでノリ君ヒット!
「イカかなぁー?」  「あんまり引かないんだけど・・・」と


上がってきたのは
P1020786
チョット小ぶりなコウイカ。
ボートでコウイカは初めてです。

ポイント移動して またノリ君ヒット
P1020787
まだこんなサイズもいます。

次のポイントでようやく私にヒット
P1020790


お昼をまわった頃から 風が強くなり 1.0~1.5ノットでドテラ流し。
チューニングしたエギでチャレンジしましたが白波も出てきたので引き上げてきました。

湾内に入っても風は強く 船速10ノット前後でゆっくり帰港。



釣果は超激渋でしたが 水温は少し下がった程度で 
潮の色が回復すればもう少し楽しめそうです。

明日の予定

プロペラを今の13ピッチを15ピッチに替えてしてしばらく使ってみることに。

そしてディープ探索してきます。

この時化で水温低下

イカは深場へ移動かも・・・

そして 風の強い日が多くなり本物ディープエギングの本領が
問われる時期になってきましたね。

そこで これからのディープポイント探索に向けエギマルチューンの準備。
P1020782
とりあえずの候補です。

以前 チューニングした「エギマル3.5黒特攻」P1020269
それなりに 活躍はしてくれたのですが シイラらしき暴漢にやられ
淡くも殉職してしまいました。


チューニングはエギのシンカーに鉛シートを貼って重さを増やすのですが
角を丸めておかないと 着底の際岩に接触して剥がれ易くなってしまいます。
P1020779

やり方は 今度詳しく書きますので 少々お待ち下さい。

水深50m、60mでジャークするとなると 小さな突起でも大きな抵抗となり
引き重りどころか”エギ動かず”と言う事態になりかねません。
 
シンカーチューンをする場合 ブリーデン社のエギマルが一番やりやすく
綺麗に仕上がります。




どなたか予想してもらえませんか?

どの天気予報が当たるかを。


きょうは 湾の出口まで行ったところでウネリが大きく Uターン。
メンバーの中に”荒れ男”がいらっしゃるのかも(失礼)・・・
「大口返し 他船で二度ありこれで三度目」とか。

海況予報はいろんな予報サイトを調べるのですが 
調べれば調べるほど判らなくなってきて・・・

予約された方はこの日が来るのを楽しみにしてお待ちだったでしょうし。

明日、明後日   うー わかりません。

11月25日はトミーお兄さんの日!

新潟〔釣具のトミー〕様ご一行。
早朝に新潟ご出発で8時出港に。

マヅメの時間を過ぎているので ポイント選択に迷うところ・・・

なんとかなるだろうと決めたポイントで
P1020741
まずは良型をヒット!

続いては
P1020743
スパ釣初挑戦 初ヒットでキジハタをゲット


そしてついに お兄さん念願のキロアップ!!   ”嬉しそう”
P1020748
29.5cm/1.074kg
ご立派です、でも「かあちゃんの方が少し重い」と

そんな喜びの中すぐに後続ヒット
「また キロアップ?」との声もあったが
P1020749
こんなんでした。

その後も嬉しい外道が
P1020752
これはこれでGOOD!ですよね。


沈黙の時間帯に入りながらも
P1020753

ポツリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ポツリ

P1020756

P1020760
時間差連続ダブルもあったり (お二人エギのカラーチェンジも気が合っている様で)
そのときのお兄さんの”返り墨”
P1020761
勢い良くかけられました。

そしてスパ釣初挑戦に連続ヒットです。
P1020765

P1020767


本日 船中トップですが キロアップに少し足りず 
P1020766
「気分だけでも」と 両手持ち撮影


P1020771
こちらも良型ながらキロアップならず 残念!


P1020772
最後はダブルで終了です。

大勢で ワイワイと楽しい釣りが出来ました。
船中釣果20杯強。

皆様 遠く新潟よりお越しいただき お疲れ様でした&有難うございました。



キロアップにチャレンジされる方のご乗船をお待ちしています。

ご予約の空席は http://seakappa.jp|calendar|ページをご覧下さい。

livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ