<奥能登>乗り合い遊漁船〈SeaKappa〉

奥能登穴水港の乗合い遊漁船です。 ライトタックルで船からのティップラン・タイラバ・インチク・テンヤなど、季節に応じてお手軽に楽しめます。

雷注意報で中止に

今日は 土曜日に富山から来ていただいたお二人が再度のご乗船予定でしたが
AM3:00に起きて 天気予報を調べると 石川県に雷注意報

雷だけは無理をするわけにいきませんのですぐに電話で本日中止のご連絡をしました。

折り返し 金曜日12日に振り替えて予約を頂き『ローソン浜田ご一行様』再乗船です。
有難うございます。


明日9日も波浪が高くなる予報で中止決定です。
cwmjp_08

ディープエギングの経験が無い方やボートエギングが初めてという方々から
ご予約やお問い合わせを頂いています。

今日も 「本当に一人でも出てくれるんですか?」と お問い合わせ。
「はい、同じ料金で絶対出ます」
SeaKappaとインディアンうそ言わない! (古過ぎて解らない人ゴメンナサイね)

「それでは 何人かに声を掛けてみますが 一人でもお願いしますよ」とのお返事。


ボートエギング
ディープエギングのダイナミックさとスパ釣の繊細さ
これらが組み合わさり陸っぱりでは味わえない非常に楽しい釣りが味わえます。
(開発者のイカ先生に敬意!です)

そしてSeaKappaにはその環境が整っています。
船は大きく幅広で安定していて 船酔いしにくい船です。
是非一度お越し下さい、 ご予約お待ちしています。

タックルも今お持ちのもので結構です。
3.5SD   3.5UD   4.0D   4.0SD  これらのエギと合わせたタックルでOK。

ご予約の空席は http://seakappa.jp|calendar|ページをご覧下さい。

きょうも ”返り墨”たっぷりと

本日は 小松方面からの4名様。
いつもブログをご覧頂いているようで 有難うございます。

皆さん 40mまで経験されているとのことで
朝一から ディープエリアへ。

P1020502
ファーストヒットの笑顔が素晴らしい!   流石です!

P1020503
続いての方  実は昨日SeaKappaの近くでゴムボートフィッシングをしておられたそうです。
「ずいぶん賑やかで 楽しそうに釣っているなぁー」と見られていたそう。
そして なんとなんと キロアップを 3杯も釣り
今日のために スタミナ温存で切り上げられたと・・・・・参りました。

船尾から順番に一杯目ヒットしてきたので次はこの方
P1020505

そして船首釣座のこの方
P1020506
朝日をバックに グッドサイズです。

それにしても 船尾から順番に釣り上げて行くとは お見事!。

陽が高くなって 暖かくなり 絶好の釣日和 といいたいのですが
風がほとんど無くて 船がうまく流れてくれません。

そんな厳しい状況の中 ポツポツ拾い釣り で釣果を稼ぎました。
上着を脱いでヒット。
P1020516

P1020517
グッドサイズです。

P1020526
この方も上着を脱いでグッドサイズゲットです。

そしてそして
P1020527
ダブルでヒット
P1020528
お見事!

P1020531

P1020529

P1020530

ザルにたまれば クーラーに移しながら。

しかし やってきました 沈黙時間が・・・・・
ホント 新米船長には 辛く長く感じる時間です。
「なんとか 誰か 釣ってください お願いします」と心の中で祈るしかないです。


そのお祈りが通じたのか またポツポツと釣れはじめ

船首の方
P1020535

最後ラストワンは
P1020536
笑顔がすばらしく!   「いやー 楽しかった!」と 結果は竿頭に。

「船が大きく 安定していて釣りが楽でした。 週末また来ます」と
お二人船上で土曜日の予約をいただききました。

有難うございます。


船中約70杯オーバー  サイズは大半が23~25cmと粒ぞろいの釣果でした。


サイズが大きく 釣果もある程度望める今が 絶好のチャンスです。

ご予約お待ちしています。

SeaKappa.jp

本日は 富山で(自称)超々有名人 ”ローソンHAMADA” ご一行様

富山の釣具屋さん界隈では超々有名人の浜田様とお連れの佐野様、野田様。
P1020468
海面から朝もやが立ち昇る中 朝日に向かって出港です。


P1020484
こちらのお方が 浜田様です。
恰幅の良い いかにもというタイプですね。
P1020486
「キター!」 「ヒットー!」 「楽しぃー!」 「スパ釣最高!」 「シーカッパもサイコー!」と叫びながら。
P1020476
グッドサイズをゲット、 ホント楽しそうでした。

こちらも
P1020472
寝てる暇が無い?? とヒット。
ジギングなどのときは良くお眠りになるとか。
だがスパ釣で「着底後にシャクッてアタリを待つ あの間が堪らない!」と
どっぷりスパ釣中毒です。
P1020473
そしてグッドサイズゲット。

その後ろの人は なかなかヒットチャンスが無く、
「私は 来ていなかったことにしておいて下さい」と弱気になっていたのですが。

P1020492
ポツリ ポツリ とヒットを積み重ねて 
そしてついに本日のビッグワン胴長27cmをゲット。
ただご本人同様スリム体系で800gr台、しかし立派なものです。
「来て良かったー!」 「楽しぃー!」 と笑顔で 最初の弱気は何処へやら。


実は 朝から ヒットチャンスが物凄く少なかったのです。
これは ポイント選択が良くないのかと あちこち 移動を繰り返しても
なかなか思うような結果が出なくて・・・

結局 少し釣果があった深場に戻って そこで粘ることに。
その甲斐あって
P1020489

P1020496

P1020497

P1020498

と 船中約50杯とまあまあの結果で・・・・・・・・・・終わってなかったのですー




沖あがり時間寸前でヒット
P1020495
ラストワンは このグッドサイズ  と思いきや。

「俺 あまり写真撮られてないし」と最後の執念。
P1020499
すでに帰港のため 船のエンジンはかかっています。
「キター!」 「スパ釣サイコー!」 「シーカッパもサイコー!」 と叫びながら。
引きもなかなかで ”ラストワン確定、ビッグワン逆転か” と期待を持って見ていたのですが。


とんでもない事案発生!!

すでに タックルを整理してしまった浜田氏が
「少し巻かせて」とイカがかかった状態のタックルを横取り。
そして数回巻いて返したところで バレテシマイマシタ!

ナントイウコトデショウ! こんな光景見たことありません。


・・・・・事案解決はお仲間内で。



帰り際、皆さんがブログファンだという Zさん釣太郎さん お二人のボートに近づくと
まさにダブルヒットの最中。
P1020500

そして、皆さんがZさんのディープ攻略を見たいとリクエスト。

そこはさすがスパ釣副将軍のZさん。
エギ着底後の 連続HP2Jですぐさまヒット
そして巻き上げ途中でのバラシからのリカバリーヒットまで。
まさに台本が有ったかのような名人芸、 拍手喝采でした。

今日の浜田さんチームはこの名人芸を見せてもらっただけでも
大収穫でしたよね。

帰り際 「月曜日また来ます」と佐野さん、野田さん、「俺火曜日」と浜田さん。

ありがとうございます。

gpv
プロフィール

seakappa

  • ライブドアブログ