<奥能登>乗り合い遊漁船〈SeaKappa〉

奥能登穴水港の乗合い遊漁船です。 ライトタックルで船からのティップラン・タイラバ・インチク・テンヤなど、季節に応じてお手軽に楽しめます。

本日は 富山で(自称)超々有名人 ”ローソンHAMADA” ご一行様

富山の釣具屋さん界隈では超々有名人の浜田様とお連れの佐野様、野田様。
P1020468
海面から朝もやが立ち昇る中 朝日に向かって出港です。


P1020484
こちらのお方が 浜田様です。
恰幅の良い いかにもというタイプですね。
P1020486
「キター!」 「ヒットー!」 「楽しぃー!」 「スパ釣最高!」 「シーカッパもサイコー!」と叫びながら。
P1020476
グッドサイズをゲット、 ホント楽しそうでした。

こちらも
P1020472
寝てる暇が無い?? とヒット。
ジギングなどのときは良くお眠りになるとか。
だがスパ釣で「着底後にシャクッてアタリを待つ あの間が堪らない!」と
どっぷりスパ釣中毒です。
P1020473
そしてグッドサイズゲット。

その後ろの人は なかなかヒットチャンスが無く、
「私は 来ていなかったことにしておいて下さい」と弱気になっていたのですが。

P1020492
ポツリ ポツリ とヒットを積み重ねて 
そしてついに本日のビッグワン胴長27cmをゲット。
ただご本人同様スリム体系で800gr台、しかし立派なものです。
「来て良かったー!」 「楽しぃー!」 と笑顔で 最初の弱気は何処へやら。


実は 朝から ヒットチャンスが物凄く少なかったのです。
これは ポイント選択が良くないのかと あちこち 移動を繰り返しても
なかなか思うような結果が出なくて・・・

結局 少し釣果があった深場に戻って そこで粘ることに。
その甲斐あって
P1020489

P1020496

P1020497

P1020498

と 船中約50杯とまあまあの結果で・・・・・・・・・・終わってなかったのですー




沖あがり時間寸前でヒット
P1020495
ラストワンは このグッドサイズ  と思いきや。

「俺 あまり写真撮られてないし」と最後の執念。
P1020499
すでに帰港のため 船のエンジンはかかっています。
「キター!」 「スパ釣サイコー!」 「シーカッパもサイコー!」 と叫びながら。
引きもなかなかで ”ラストワン確定、ビッグワン逆転か” と期待を持って見ていたのですが。


とんでもない事案発生!!

すでに タックルを整理してしまった浜田氏が
「少し巻かせて」とイカがかかった状態のタックルを横取り。
そして数回巻いて返したところで バレテシマイマシタ!

ナントイウコトデショウ! こんな光景見たことありません。


・・・・・事案解決はお仲間内で。



帰り際、皆さんがブログファンだという Zさん釣太郎さん お二人のボートに近づくと
まさにダブルヒットの最中。
P1020500

そして、皆さんがZさんのディープ攻略を見たいとリクエスト。

そこはさすがスパ釣副将軍のZさん。
エギ着底後の 連続HP2Jですぐさまヒット
そして巻き上げ途中でのバラシからのリカバリーヒットまで。
まさに台本が有ったかのような名人芸、 拍手喝采でした。

今日の浜田さんチームはこの名人芸を見せてもらっただけでも
大収穫でしたよね。

帰り際 「月曜日また来ます」と佐野さん、野田さん、「俺火曜日」と浜田さん。

ありがとうございます。

今日も 今一歩!

昨日 N-Style で楽しまれたお二人が今日は SeaKappa に来ていただきました。

休日返上で忙しく働いて、働いて、・・・・・

イカが釣りたくて、 スパ釣がしたくて ウズウズ されていたとか。

ようやく 有給休暇が取れて 二日連荘でのスパ釣と 今日もワクワクされていました。


未明のうちは強めの雨が降っていてどうなるのかと思っていましたが、
出港間際には なんとか止んで 一安心。


ポイント到着 実釣開始、
P1020446

が、 なかなかヒットが出ません。
これはポイント選択を間違ったかな?


P1020448
少し移動して ようやくヒットが出始めました。

P1020449
こちらにも 初ヒット ”アタリをつかむ修行中” だそうです。
P1020450
ザルに入れようとして船べりにへばりつかれました。

P1020452
少しずつ エンジンがかかってきました。

P1020453
まあまあのサイズです。

P1020456
修行中といいながら グッドサイズだけを ポツリポツリと。P1020457
24cmほどあります。

P1020458
サイズの大きいのがヒットするようになって来ました。

P1020460
ようやくダブルヒットも(修行中の方のほうが大きい・・・)

P1020461
本日のビッグワン 胴長27cm/942gr でした。
もう一歩で キロアップ。

P1020464
ラストワンも結構なサイズでした。

P1020465
ラスト三流しでこれだけの釣果。
”粘りと頑張り”の成果です。

お二人合計の釣果は50オーバーで
車にクーラーを積む際 一人では無理でした。


お帰りの際 「また来ます!」と言っていただけたのが嬉しいですね。
お疲れ様&楽しい釣行ありがとうございました。
お仕事頑張って またお出で下さい、お待ちしています。

ご予約の空席は http://seakappa.jp|calendar|ページをご覧下さい。

お一人でも出船しますので ご予約お待ちしています。

本日 二店のフィッシングショップさんからご予約を頂きました。
有難うございました。

チャカランポとは?

私のnmにしている 「チャカランポ」というのは
石鯛の幼魚の奥能登方面の呼び名です。

アオリイカが岸近くで見られるようになると水中で
頭を半分かじられたチャカランポやクロバンチョ(メジナの子供)、スズメダイなどを
よく目にしました。


先日 落ち武者姿になってしまったエギマルを見ていて
ふと 思いつきました。
速攻 100円ショップで 白のマニキュアを購入。
その結果は
P1020445
なんか 関西方面で売れそうなものになってしましたが 今度テストしてみます。

先生 来年のブリ社エギマルカラーにラインアップしませんか?


それから mixiの写真に使っているこの写真は
4762371_811544395
イシダイとイシガキダイの天然ハーフなんです。
非常に近い種類同士だと自然界では結構あるケースらしいです。

能登で生息しているアワビには クロアワビ、マダカアワビ、メガイアワビなどの種類があるのですがハーフっぽくて区別が難しいものもあるそうです。


「アオリイカ、ヤリイカ、ケンサキイカこれら全部のDNAを引き継いだイカが誕生したら一年中エギングできるのになぁー・・・・・」、
単純な考えですね、無理ですね。
gpv
プロフィール

seakappa

  • ライブドアブログ