<奥能登>乗り合い遊漁船〈SeaKappa〉

奥能登穴水港の乗合い遊漁船です。 ライトタックルで船からのティップラン・タイラバ・インチク・テンヤなど、季節に応じてお手軽に楽しめます。

新規の場所で探索

今日は ブリッジのトップカバーを作ろうと型紙取り。

結構な南西風で 型紙が飛んで行きそう。

係船ロープとクリートの位置がほぼ決まったので 細ロープで目印。

それから岸壁に横ヅケ時の取りロープをつけて陸上作業終了。


時間があまりないが能登島水族館沖まで行ってみることに。

航行中は風波の影響で結構にバタバタ踊っている。
でも32フィートのSeaKappaだから心配するほどのこともない。


海図で狙っていた場所には網の旗竿が・・・

うーん  世の中思うようには行かないですね。


3箇所ほど流してみたが 魚探の等深線と船の流し始めがうまく噛み合わない。

風の弱い日に再挑戦だ。


再び船底をバタバタ打つ波の上を帰港。


船を岸壁に横ヅケしエンジンの水洗い準備をしていると
いつも公園の方から この船を見ていたおばあさんが近寄ってきて
「素敵な船ですね」と声を掛けてくれた。

「ありがとうございます」と返事すると
「高そうですね」というので
「はい、もうお金がありません」

「そんなにまでして欲しかった船なんですか?」と聞くので 「はい」と・・・。
「ふふふ  後が大変だ」と笑って帰っていった。

それからエンジンに水道ホースをつないで水を流しそのまま電話をしていると、
突然やってきた初めて見る人が「水の流しっぱなしは駄目」と強いお叱り。

電話中なので手を上げて聞こえたよと合図しても
再び「水の流しっぱなしは駄目」と何度も。


大事な用件の電話だったが早めに切らせてもらい
まず失礼のないように「どちらのかたですか?」と尋ねると
「町の者だ」と言う返事。
「役場の?」
「いやただの町民」とのこと
「今エンジンの中を真水で洗っています、それで水が出ているんです」と説明。
「あなたこそここは勝手に入ってはいけないところですよ」というと
「あぁ 調べときます」と言って立ち去った。

その数分後、こんどはワンボックスに乗った人が来て
船を見ながら「ふん ふん」と言って立ち去る(この人も初めて見る顔)。


この町は??????????????????????
本当に疲れます。

DSC00248
暗くなるのが早くなってきましたね。(デジカメを家に忘れ携帯で)

今日は午前便時間のシュミレーション

朝6時出港、
まだ出港手順がルーティンになっておらず一人なのに焦ってしまった。

少しガリット!



空は晴れて気持ちがいいが、風がなんとなく不安・・・
(写真撮り忘れです)


湾口を少し出てみたが 沖には船影が全く見えない。
無理をすれば出れないことはないのだが 
湾内ポイントをしっかり掴んでおかないと・・・と湾内探索へ。


昔々から気なっていた所で、潜って見たいとズーッと思っていた場所。


今日はイカが居るかどうかの探索。

魚探の等深線を見ると、今日の風ではピンポイントになって一瞬で通り過ぎる。
2回トライしたがポイントを外れて船が流れてしまった。

3回目これが最後と魚探を睨みながらポイントにエギ投入。

着庭判断にあまり自信がなかったがHP2Jをして待っていると
「グニュッ」と言う感触(表現あってるのかな?)がロッドから・・・。

水深26m 〈クロヨンディー〉でのヒットでした。
P1020262



風を見ながらあちこち湾内探索を繰り返すが 
「湾内を吹く風と言うのはこんなにヤンチャなのか?」と思うくらい不安定。

アンカーを打ってキャスティングという方法も引き出しに入れておく必要があるのかな?
今度試してみよう。


最後に ポイント1stに回ってから終わりにしようとそちらに向かう。
エギはEGIMARU 3.5SDをチョイス。

ここもヤンチャ風で思うように船が流れない。

何回トライしたか忘れたがようやく38mでヒット。
P1020263
イカは間違いなく居る !


お客さんの方が私より上手だからきっと釣果も上がることでしょう。


いずれにしても26m、38mと常識では考えられない深さでのエギングですよね。

この技をあみ出した先生はスゴイ!  とあらためて感心しました。


P1020264
帰港後ホームセンターで先生からアドバイスしていただいた柄杓を購入。


あとは船の細かいところをチェックして次にやることをメモ。
岸壁の係船リングについている古いシャックルなどをサンダーで切って撤去。
(本当は管理者がやるべきでは?)

今日の一日でした。



先生、Zさんいつもコメントありがとうございます。
出港時に突然現れても乗船できますのでいつでも遊びに来てください。

今日は ⑬ブリーデンの日⑬

午前中に 済まさなければいけない仕事を片付け、
コンビニで大好きな「鱒寿司おにぎり」を沖弁に買って出港。

今日はポイント巡りのコース取りを考えて一回りしてみることに。

出港するときに”ハンマーヘッド”の係留場所が空いていることを知っていたので
どこで釣っているのかな?  釣れてるのかな?  などと思いながら
エンジンのタコメーターも睨みながら船を走らせては各ポイントでドテラ流し。

風と直角に船を廻す練習を主に、
船がデカイ分惰性もあって慣れが必要と・・・練習&練習。


定置網のポイントに近づくと”ハンマーヘッド”らしき船体が。

寄っていくと 釣りを止めてロッドをホルダーに・・・。

そして私を見て「なーんだ チャカさんではないですか」と・・・釣り太郎さん笑顔に。
SeaKappaが漁師の船に見えたんでしょうか。

確かにチョット網に近かったですね。

定置網を揚げていて釣り針が手に刺さって怪我をしたという話を聞いたことがあります。

お互い注意しましょうね。



今日の帰港後のSeaKappaです。
P1020260
あしたは午前便時間で  一緒にがんばろうね。

gpv
プロフィール

seakappa

  • ライブドアブログ